カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
   

ダンボール家具の作り方:紙の流れ目

ダンボール家具をいろいろと作っていますが

最近は自作のダンボール家具にチャレンジしてみたいと言う方も多い。

でも、一般の梱包用のダンボール箱の素材では、

本棚のようなしっかりとしたものを作るのは、

強度が出にくく、難しいのです。


何層に張り合わせても、本や書類を入れる場合

やっぱり5キロ~8キロぐらいはせめて耐えるような強度を持たせないと

出来た!

本を入れた!

棚板が真ん中から曲がってきた。。。( ̄□ ̄;)


という事になりかねない。

ヾ( ´ー`)


そこで、おすすめしたいのが、強化ダンボールシート

これなら、木のような強度があり

それでいてカッターで切れるし

木材よりも扱いやすい!


強化ダンボールなので、簡単にはカッターでは切れないけれど、

何回か刃を通すと、きれいに切れます。

切断面の段目がきれいだ!!o(^▽^)o


おまけに耐水性!

但し水に浸けたらダメですよ。

少々濡れるぐらいなら、拭き取れば全然ok!


一番単純に作るのなら、

木材で作るように部品ごとにカットして

木工用ボンドてくっ付ければ出来ちゃいます!!


でもそのパーツを切り出す時に

強度が出るように

紙の流れ目(フルートの方向)を気にしないといけない。


先日も、パソコンのモニターを置く台を作りたいので

教えて欲しいと要望があり

書いたものがこれ!

ダンボール家具の作り方


構造は単純ですが、紙の流れ目を参考にしてください。

十字に交差するようにすると面として強度が上がりますし

側面の足部分は、流れ目がタテになるようにしてください!!


強化ダンボールシートは、厚さ1センチの2層強化ダンボールシート
厚さ1.5センチの3層強化ダンボールシートの2種類があります。

やはり3層の方が強度はあります。


カッターでは、切りにくい場合は、

100円ショップなどでダンボールナイフが売られているので

それでもいいかも。

但し、カッターのように段目がきれいにはなりません。

毛羽立ちます。


さあ!

芸術の秋!


あなたも強化ダンボールでいろいろと作ってみては!!

強化段ボールなら、ベットとかも作れるぞ~~o(^-^)o

まずは子供用の家具かな?(^ε^)♪





ほんとは、もっといろいろな技がありますが、
まずは、この作り方から

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ